困っている女性のイメージ

「結婚式に招待されたのにご祝儀に必要なお金が手元に全く無い」
…こんな「どうしてもお金が必要な時」に、どうやってお金を用立てれば良いのか分からないと頭を抱えていませんか?

今すぐにでもお金を用立てる方法というのは意外にも情報が少ないです。

しかも切羽詰っている状態ですから、じっくり検討したり冷静な判断ができなかったりしがちですから、安易にカードローンやキャッシングでの借り入れを選んでしまう方が多いです。

もちろん、それらの方法を否定するわけではありませんが、必要なお金を用立てる方法は他にもあるということをまずは知ることが大切です。

カードローンやキャッシンなら即日で融資を受けることが出来ますから、どうしてもお金が必要な時は非常に役立ちます。

しかし無担保ローンは高い金利がかかりますので、しっかりと計画を立てた上で利用しないと後で大変な目に合う恐れがあります。

どうしてもお金が必要な時でも用立てる方法は意外と知られていませんが、実は結構あります。

後から「こんな方法でお金を用立てることができたんだ」と後悔しないためにも、今回は急にお金が必要になった時でも用立てる方法を解説していきたいと思います。

 

親・友人からお金が必要なら借りる!

oyayujinkara

どうしてもお金が必要な時、「親や友人」からお金を借りようと考える方は多いかと思います。

血のつながりのある関係ですから、お金の相談はしにくいかもしれませんが、どうしてもお金が必要な時にお金を工面する方法としては、意外と確率が高いと言えます。

 

ただ、身内でのお金の貸し借りは関係悪化につながりやすいですから、どうしてもお金が必要な時でも「十分に注意」しなければいけないと言う事を忘れないで下さい。

ですから、身内からお金を借りる場合でも、金融機関からお金を借りるのと同様の取り決めをするようにしましょう。

「身内なんだから口約束だけで大丈夫でしょ」…なんて甘い考えでお金を借りるのはトラブルのもと。

親や友人は「必ず返してくれる」と信じてお金を貸してくれるわけですから、その思いを決して裏切らないようにしなければいけません。

 

いくら身内でもお金を貸すのはどうしても不安になるもの。

信用してもらうためにも、「なぜお金が必要なのか?」というお金が必要な理由をハッキリと伝えることです。

そして必ず返済する事を信用してもらうために「借用書」は必ず作成しましょう。

「いくら借りるたのか」「金利はいくらなのか」「いつ返済するのか」「完済日はいつになるのか」などをハッキリと記載しましょう。

金利は当事者同士で話し合って決めても良いですし、実際に金融機関で借りる場合の金利を参考にするのも良いでしょう。

大切なのは口約束ではなく、きちんと書面に証拠を残しておくことです。

こうするだけでもトラブルの発展を防ぐことが出来ますし、何よりも相手に信用してもらいやすくなります。

そして自分自身も「きちんとお金を返そう」という気持ちになるはずですから、必ず借用書を作成するようにしてくださいね。

 

必要なお金を借りたい時の言い訳や理由はどうする?

必要なお金を借りたい時の言い訳や理由はどうする?
親や兄弟からお金を借りるという人は多いかと思いますが、そこで悩みどころとなるのが「言い訳や理由」ではないでしょうか?

「どうしてもお金が必要なので貸して欲しい」といえば、ほぼ間違いなく理由を聞かれるでしょう。

理由なしにお金を貸してくれるなんてことはかなり珍しい事で、理由によっては貸してくれない可能性もあります。

では親や兄弟、友人からお金を借りる場合、どんな理由を使うのが良いのでしょうか?
お金を借りる時の言い訳として多いのが「財布を紛失した盗まれた」などです。

「財布をなくしてしまってカードもないから生活費を下ろすことが出来ない」といった理由でお金を借りる人は案外多いです。

本人が悪いとはいえ、良心からお金を貸したくなるのではないでしょうか?
「お葬式や結婚式など冠婚葬祭が重なってしまって」という理由で借りる人も多いです。

冠婚葬祭は本人が予期せず起こるものですから、偶然重なってしまうなんてことを経験される方は多いでしょうから理解を得やすいでしょう。

他には親が急病になった、家賃をうっかり滞納してしまった、車が故障してしまったなども多いです。

このようにお金を借りる為の理由というのは意外と沢山あります。
ただ、実際に上記で紹介した事由に該当して「本当にどうしてもお金が必要になった」という場合は特に問題ありませんが、それが嘘となれば話は別です。

どうしてもお金が必要で嘘を付かなければいけないと考えている人もいるでしょうが、嘘という行為は相手からの信用をなくすことを忘れてはいけません。

変に言い訳するよりも正直に理由を言ってお金を借りる方が貸す側は勿論、自分も後ろめたさを感じることはないのではないでしょうか?
また、上記でも述べましたが「お金を借りる理由づけ」として「親・兄弟・友人」からお金を借りる際は必ずきちんと「借用書」を作るようにしましょう。

身内間のトラブルで多いのが実はお金の貸し借りです。

きちんと書面に残すことで相手も信用してお金を貸してくれますし、何よりもそれによって自分はきちんと返済しようと思うはずです。

身内からの借金はどうしても甘えが生じやすく、それがトラブルのもととなりやすいです。

親しき仲にも礼儀ありではないですが、身内からの借金だからこそきちんとルールを決めた上でお金の貸し借りを行いたいものです。

借用書の書き方についてはココを参考に

 

お金が必要ならヤフオクや質屋もオススメ!

okanegahituyounara

どうしてもお金が必要な時に「不要品があり、それが高値で売れそう」であれば、ヤフオクに出品したり質屋で買い取ってもらうのも1つの手です。

趣味娯楽品であれば、ヤフオクのほうがマッチしているでしょうから、高値で落札される可能性は高いです。

オークションに出品する際は、「写真写り」が非常に重要となります。

それだけで売れ行きが全然違いますので、写真写りにはしっかりとこだわりましょう。

もちろん、変に加工したりするなど本来の状態とは程遠いような写真写りにならないように気をつけましょう。

また、説明欄はしっかりと記載するようにして、安心して落札してもらえるようにすることも大切です。

ヤフオクのやり方や仕組みについてはコチラ

ブランド物のバッグや財布をお持ちであれば質屋に買い取ってもらうのが良いです。

オークションですと偽物も多く出回っているため、警戒されて落札される可能性が低いです。

質屋ならプロの目でしっかりと鑑定してくれますので、納得の行く値で売りに出せるでしょう。

質屋なら物を売らず担保として品物を預け、その品物に見合った金額のお金を借りることも可能です。

手放したくないブランド物があるけど、どうしてもお金が必要な時は「売らずに担保として預けてお金を借りる」のも良いでしょう。
ただし、質屋の中には「偽装質屋」を行なっている悪徳業者もありますので、jどうしてもお金が必要な時でも十分気をつけましょう。

手口としては通帳や印鑑などを預かり貸付を行ないます。

そして「完済しないかぎり長期間にわたって利息を回収し続ける」と言う手口です。

本来、質屋からお金を借りた場合、定められた期間内に完済できない場合は担保として預けていた品物を手放さなければいけません。

但しそれで完済扱いとなりますので、利息も元金も支払いはしなくて済みます。

しかし偽装質屋の場合は、完済するまでずっと利息を口座から引き落とし続けるのです。

どうしてもお金が必要だからといって、このような悪徳業者に騙されないように気をつけましょう。

 

クレカのキャッシング枠もお金が必要なとき便利!

kurekanokyassinnguwakumobennri

どうしてもお金が必要な時は、クレジットカードをお持ちであれば「キャッシング枠」を使ってお金を借りるという方法もあります。

意外と知らない方も多いのですが、クレジットカードはショッピング時の支払いだけでなく、キャッシング機能も備わっているのでATMよりお金を借りることも出来るのです。

既にクレカを持っていてキャッシグ枠が付与されているのであれば、どうしてもお金が必要なときにも役立ちます。
但し、必ずしもキャッシング枠が付与されているわけではありませんので注意しましょう。

カードに申し込む際、キャッシング枠を付けていなければ、当然借りることは出来ません。

後からキャッシング枠を付けることも出きますが、審査があるうえに当日中にキャッシング枠が付与されるとも限りませんので、その点は頭に入れておきましょう。

クレジットカードでのキャッシングは、翌月一括で返済となるケースが多いですから、きちんと計画を立てた上で利用するようにしましょう。
また、クレジットカードのキャッシング枠は基本的に金額が少なめです。

まとまった資金を必要とする場合には正直向いていません。

10万円程度までなら借り入れも可能かもしれませんが、それ以上となると厳しいと思ったほうが良いでしょう。

また、クレジットカードのキャッシング枠には総量規制が適用されます。

ですので、年収の1/3以上は借りれないので注意しましょう。

クレカのキャッシング枠の総量規制についてはココ

 

どうしてもお金が必要な時はカードローン!

dousitemookanegahituyou

どうしてもお金が必要な時、やはり選ばれているのはカードローンやキャッシングです。

金融機関から借金することはネガティブに取られがちで、嫌煙する方も少なくありません。

確かに金利が高いですから、通常のローンに比べると利息を多く支払わなければいけませんので、お金を借りるのが馬鹿らしく思えるかもしれません。

ですが、少額の借入であればそこまで支払う利息は多くありませんし、短期で完済すればそこまで無駄な出費にはならないはずです。

金利は高いですから、長期に渡って返済すると損する可能性がありますが、短期で完済できる見込があるのであれば検討してみるのも良いでしょう。
また、消費者金融は怖いイメージを持たれる方も多いかと思いますが、実際は自宅に取り立てに来たり脅すようなことはしませんので安心してください。

法律によってそれらの行為は禁止されており、大手の消費者金融であれば、まず問題ありません。

名前も聞いたこともないような中堅の消費者金融ですと、中には悪徳業者が紛れていることもあり危険ですので、利用するなら大手カードローンを選ぶようにしましょう。
大手消費者金融は即日融資に対応していますので、どうしてもお金が必要な時にその日に申込んで即日融資を受けることも可能です。

平日でも土日祝日でも即日で借入が可能ですから、どうしても今すぐお金が必要な時こそ大手カードローン業者を選ぶようにすると良いです。

借入方法は「自分の銀行口座に振り込んでもらう」か、「ローンカードを発行する」の2種類から選べます。

口座振り込みで借入する場合は、銀行の営業時間内に手続きが完了できるよう早めに申し込みを済ませておきましょう。

15時を過ぎてしまうと翌日以降の振り込みとなりますので、どうしてもお金が必要な時は気をつけてください。
また、当然ながら土日祝日は振り込みしても当日に反映されませんので、口座振り込みはあくまでも平日の15時までということを覚えておきましょう。

ローンカードなら15時過ぎや土日祝日でも問題なく当日借入が可能です。

夜間や週末にどうしてもお金が必要な時はローンカードで借入するのが良いでしょう。

土日のキャッシング方法も詳細はコチラ

 

学生や主婦でもお金が必要なとき借りれるの?

gakuseiyasyuhudemookanegahituyou

「アルバイトや学生、主婦はカードローンを利用できない」と勝手に思い込んでしまっている方は意外と多いのではないでしょうか?

確かに一般的なローンですと、正社員じゃないと融資を受けるのは難しいかもしれませんが、カードローンならアルバイトや学生、主婦の方でも融資を受けることは可能です。

ですので、主婦や学生の人でどうしてもお金が必要な時は、ぜひ利用するのもオススメです。
しかし、学生や主婦の人はカードローンでお金を借りるためには「条件」をクリアする必要があります。

融資の条件としては本人に安定収入があることとなりますから、当然働いてないといけません。

ただ、月によって収入に波があるようですと審査に通るのは難しいですから、毎月一定額をもらえている状態でないといけません。

学生の場合はアルバイトでも問題ありませんが、未成年者は仮にお金が必要でも申込みできません。

未成年者は後から契約を取り消すことが出来るため、金融業者にとっては貸出リスクが大きすぎるためです。

そのため、18~19歳でどうしてもお金が必要という場合でも、カードローンでお金を借りることはできません。

また、金融業者によっては「学生申込不可」のところもありますので、申し込み条件はよく確認しましょう。

銀行は特に申込不可のところが多いので、学生さんでどうしてもお金が必要な時は大手消費者金融を選ぶのが無難です。

⇒学生がお金を借りる方法についてはココ

 

主婦の方はパートで収入を得ていれば「本人名義」で申し込み可能です。

特に旦那さんの同意を得る必要はありませんので、上手くいけば内緒でお金を借りることも可能です。

主婦の方がカードローン申し込みに必要な書類は基本的に運転免許証など身分を証明できるものだけでOKです。

ただ、大きい金額を借りる場合には「収入証明書」も必要となりますので、きちんと用意しておきましょう。

アルバイト・パートの場合は、直近2~3ヶ月分の給与明細がないと収入証明として認められませんので、覚えておきましょう。

⇒主婦のキャッシング方法の詳細はココ

 

専業主婦は「配偶者貸付」で申し込む必要がある!

senngyousyuhuhahaiguusyakasituke

カードローンやキャッシングは返済を前提としていますので、当然お金を返せるだけの収入がないといけません。

ですから「働いていて収入がある方」でないと申し込みは原則不可となります。

原則通りに行くと「専業主婦はカードローンでお金を借りることは出きない」ということになります。

ですが、専業主婦には例外措置が用意されており、その方法で申込みすれば、どうしてもお金が必要な時にお金を借りることは可能です。

それは「配偶者貸付」です。
配偶者の収入と合算して申し込むことで、年収の3分の1の範囲内でお金を借りる事が出きます。

この方法なら収入がない専業主婦でもお金が必要なら借りることが可能です。

但し、一般的なカードローンに比べ用意する書類が多いので手続きは手間がかかります。

申し込みに必要な書類は、「配偶者の同意書・収入証明書・婚姻関係証明書」などです。

旦那さんの同意を得ないといけませんので、残念ですが内緒でキャッシングすることはできません。
また、手続きに多少時間を要しますので、今すぐどうしてもお金が必要な時には不向きではあります。

どうしてもお金が必要な時でも対応できないことはないですが、配偶者貸付事態をしている金融機関が非常に少ないのがデメリットと言えます。

大手消費者金融ではどこも扱っておらず、今のところ中小消費者金融の一部のみとなります。

安全性も考えるとあまりオススメできる方法ではありませんね。

銀行カードローンなら専業主婦でも安心して融資を受けることが出きますので、こちらで検討してみるほうが良いかもしれません。

銀行カードローンと消費者金融の違いについてはコチラ

配偶者貸付とは異なり、同意書など不要で利用できます。

ただ、旦那さんの勤務先に在籍確認の為に電話がいく場合もあり、どのみち「ダンナに内緒でお金を借りる」というのは難しいということは理解しておきましょう。

 

無職やブラックはどうしてもお金を借りれません!

musyokuyaburakkuhadousitemo

当然ですが、どうしてもお金が必要だとしても「働いていない無職」の人はカードローンを利用する事ができません。

仮に嘘をついて申込みしても絶対にバレますので止めておきましょう。

収入証明書の提出、在籍確認などによって無職であることは絶対に見ぬかれます。

審査時の在籍確認についてはココのページを参考に

また、アリバイ偽造会社を利用して申込みされる方もいますが、これは立派な犯罪行為ですので、どうしてもお金が必要な時でも絶対に利用しないことです。
そのほか、働いて安定的な収入がある方でも「多重債務や返済延滞をしている」、更には「ブラックリスト」になっているような人も、借入はどうしても不可となります。

ローンやクレジットの利用履歴は指定信用情報機関によって管理されており、この機関に対し開示請求することで申し込み者の利用履歴を事細かに知ることが出きます。

「何社から借り入れしているのか」「いくら借りているのか」「返済の遅滞はないか」「過去に自己破産や債務整理をしていないか」など、全て知ることが出きます。

ですので、どうしてもお金が必要だからといって「審査で嘘」をついても絶対にバレる仕組みになっているのです。

該当する方は残念ですが、カードローンやキャシングの利用は諦めましょう。
自身の信用情報は指定信用情報機関に開示請求することで確認できます。

金融履歴が心配という方は一度開示請求して確認してから申し込むのも良いでしょう。

 

国や市役所の公的融資で必要なお金を借りる方法も!

国や市役所の公的融資で必要なお金を借りる方法も!
どうしてもお金が必要になった時、検討したいのが国や市役所の公的融資です。

長期的なものではなく一時的にお金が必要になった時でも利用できる場合があります。

ですからカードローンやキャッシングなどわざわざ金利の高いサービスを使わなくて済むかもしれません。

「公的融資制度」や「公的支援制度の種類」と特徴について簡単ですが解説していきます。
「生活福祉資金貸付制度」は生活費が困窮して困っている世帯向けの制度です。

どうしてもお金が必要で生活が困窮している世帯が経済的に自立できるように支援する制度です。

社会福祉協議会が運用しており、保証人が立てられない場合は年1.5%の金利で保証人が立てられる場合は無金利で利用することが出来ます。

ちなみに、よく耳にする「緊急小口資金貸付制度」も生活福祉資金貸付制度の一環です。

⇒生活福祉資金貸付制度についてはコチラ

⇒緊急小口資金貸付の詳細はココ

「重役支援給付」は住まいがない、若しくは住まいを失いそうな方向けの給付制度です。

事情によって職を失ってしまったけど働く能力・意欲がある方の内、住宅を失なってしまった方もしくは失いそうな方を対象に住宅確保を行なう事を目的としています。

自治体とハローワークの支援を受けながら支給を受けられます。
仕事がなく経済的に苦しいという方向けの制度が「求職者支援制度」です。

雇用保険を拾玖できない人向けの制度で、スキルを身につけるための口座を無料で受けられたり、月額10万円と交通費を受け取ることが可能です。

貸し付けではなく支援ですから返済する必要は一切ありません。
高齢者で一時的に資金が必要な方向けなのが「年金担保貸付制度」です。

年金受給者が利用することが出来、年金を担保に借り入れできる唯一の制度です。

年1.6%の金利で「まとまったお金が必要」になった時に利用することが出来ます。

年金を担保に借り入れできるのはこの制度だけで、もし他にも年金を担保に貸し付けを行うサービスが有るとすれば、それは違法ですので気をつけましょう。
「生活保護」は最後のライフラインとも言える制度です。

最低限の生活を送るために必要な資金を提供する制度です。

借り入れがある場合は利用することは出来ません。
公的融資は民間の融資に比べ驚くほど安い金利でお金を借りる事が出来ます。

ただそのための利用条件がかなり厳しく、いくらどうしてもお金が必要で有っても対象外になれば借りれません。

となると、民間の融資制度を利用するしかありません。

 

いくらお金が必要でも個人間融資の掲示板は危険!

いくらお金が必要でも個人間融資の掲示板は危険!
金融機関からお金を借りるには必ず審査を受けなければいけません。

当然ながら審査をクリアしなければ借り入れはできませんので、借りたくても借りれないという人もいることでしょう。

まともな金融機関で借りれない人が利用してしまいがちなのが「ヤミ金」や「個人間融資」です。

闇金は殆どの人が知っているかと思いますが個人間融資はまだまだ知らないという人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか?
個人間融資とは名前の通り個人間でお金の貸し借りを行なうことを言います。

親や兄弟、友人からお金を借りるのとは違い全く知らない人同士でお金の貸し借りをします。

主にインターネット上にある掲示板を通じてお金を貸したい人とお金を借りたい人を結びつけます。

特徴として簡単な審査で特に面倒な手続き無しでお金を借りる事が出来ます。

条件こそあるものの金融機関で借りれないような人でも個人間融資なら借りれる可能性があります。
お金を借りたくても借りれないような人にとってはありがたいサービスに思えるかもしれませんが、個人間融資は非常に危険ですので利用のお勧めはしません。

個人情報を騙し取られたり、保証金、手数料といった名目で口座に振り込ませてお金を騙し取るといった詐欺が横行しています。

個人間融資によって被害を被ったとしても掲示板を運営している責任者は一切手助けしてくれません。

あくまでも当事者同士で問題は解決するしか無いのです。

中には個人を装って貸し付けを行う闇金業者が紛れていることもあります。

全部が全部危険というわけではありませんが被害に遭われている人の数があまりにも多いため、出来れば利用は避けたほうが良いといえます。

どうしてもお金が必要で困っていても個人間融資を利用するのだけは止めましょう。

 

借りるのがイヤなら日雇いの日払いバイトも視野に!

借りるのがイヤなら日雇いの日払いバイトも視野に!
人からお金を借りるのは嫌だという人は働いてお金を手にするのが良いのではないでしょうか?

とは言え、今の仕事を頑張ったからといって直ぐに給料が増えるわけではありません。

そこでオススメしたいのが「日雇いのアルバイト」です。
言葉通り何ヶ月何年と長期的ではなく仕事のある一日だけ雇われて働く短期アルバイトです。

自分の都合に合わせて働くことが出来、その日のうちに給料を手にすることが出来ます。

その日限りの仕事となりますので、内容的にも難しい仕事を任されることはありませんので、気軽に始められます。
では日雇いバイトにはどんな仕事があるのでしょうか?

これは派遣会社によって異なりますが、メジャーな単発バイトとしては倉庫や工場内での軽作業、イベントスタッフ、交通量調査、試験監督、モニター、調査スタッフ等です。

勿論この他にも様々な仕事がありますが、上記はその中でも特に多い仕事です。

内容によって簡単なものもあればキツイものもあります。

ただキツイ仕事はその分給料が良いケースが多いですから、「今すぐお金が必要で、短期でガッツリ稼ぎたい」という方はそういった仕事を中心に選ぶと良いでしょう。

工事現場など肉体系の仕事は体力的にキツイこともあり給料は結構良いです。
日雇いバイトをするには、まずバイト派遣会社に登録することから始まります。

登録すると派遣会社の方から定期もしくは不定期で仕事の案内が来ますので、内容を確認して働きたいと思えばその仕事に応募します。

案内された仕事を必ずやらなければいけないというわけではありません。

日雇いアルバイトは単発の仕事ですからスケジュール調整がしやすいです。

また、即日で現金を手にすることが出来ますので、急ぎでお金が必要になった時には大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、健康保険に加入できないという注意点もありますので、その点はよく考えて働くようにしてください。