銀行系カードローンに審査通過するためのポイント!
低金利でお金を借りれるのが最大の魅力でもある銀行系カードローン。
カードローンやキャッシングを利用するなら銀行が良いという方はかなり多いのではないでしょうか?

しかし銀行系カードローンを利用する上で心配なのが審査です。
銀行系カードローンは審査基準が厳しいので中々審査に通らないと言われています。

ですが最近は銀行系カードローンも消費者金融のように個人への貸し付けに積極的になっています。
その為、以前に比べると審査には通りやすいとも言われており、中にはパートやアルバイトでも審査に通ったという方もいらっしゃいます。

ただそれでもまだまだ銀行系カードローンは簡単に利用できるものではありません。
そこで今回は銀行系カードローンの審査通過のポイントを紹介していきます。

銀行系カードローンのメインの審査は保証会社の消費者金融

銀行系カードローンはあたかも銀行が審査を行なっているように思いますが実際は保証会社が審査を行なっています。
もちろん保証会社の後に銀行も審査をしていますがメインは保証会社です。

保証会社は貸し倒れ時に債権の肩代わりをしており、多くは消費者金融が担っています。
つまりその銀行の審査の難易度は消費者金融の審査基準に連動しているとも言えるわけです。

「消費者金融なら審査は甘いから簡単!」
そう思う方もいるかもしれませんが、これは間違いです。
上述したように保証会社は債権の肩代わりをするというリスクを負っていますので、甘い審査を行なってしまうと被害を被るのは自社ということになります。
ですから誰でも構わず審査通過させるようなことは決して無いのです。
また銀行は低金利で貸し付けますのでその分リスクは更に高まりますので、保証会社が消費者金融であっても審査が甘くなるということは先ず無いと思ってよいでしょう。

銀行系カードローンの審査に通るための条件

カードローンの審査に通過するにはいくつかポイントが有ります。
これは銀行であろうと消費者金融であろうと全てのカードローンに共通することです。

まず大前提となるのが安定した継続収入があることです。
金融機関に信用してもらうには安定収入があることが最も重要です。
仮に他の要素に全く問題がなくても現在の収入が不安定では審査に通るのは厳しいです。

ローンは返済を前提とした契約ですから、それを達成するにはどうしても資金が必要となります。
返す気持ちはあっても収入がないことには返せませんから当然といえば当然のことではあります。

収入の安定性は金額の大小だけで決まるものではありません。
収入が多ければ借入限度額は多く設定されやすいですが、少ないからといって審査に通らないわけではありません。

毎月継続的且つ一定額の収入を得ていることが大切です。
収入がある月とない月があったり、月ごとに金額にバラつきがあると収入は安定しているとはいえません。

次に過去・現在にローンやクレジットを利用していて遅滞経験がないことです。
審査では他社借入状況もチェックされ融資に大きく影響します。

「そんなの黙っていれば分からないでしょ」と思うかたが意外と多いのではがそんな事はありません。
むしろここで注意したいのは嘘の申告をしてしまうことです。

申し込みでは自分の今の借入状況を申告します。
何社からいくらの借り入れをしているかを申し込み欄に記入しますが、実は申告されなくても銀行や消費者金融は申し込み者の借入状況を知ることが出来ます。
ローンやクレカの利用履歴を信用情報と言い、この情報は指定信用情報機関というところで管理されています。

つまり銀行はこの指定信用情報機関を通して申し込み者の信用情報を確認することが出来るのです。

その情報はかなり正確なものですから、嘘の申告をしてしまうと直ぐにバレますし、嘘をついたことで信用出来ない人間と判断しますので審査落ちとなります。
ですから他社借入状況は絶対に嘘を付かないことです。

そしてそのローンやクレジットの支払を一度でも遅滞していると審査に通るのはほぼ不可能となります。
金融機関が嫌うのは期日通りに返済してもらえないことです。

要は約束を守らないわけですから信用出来ないと判断するわけです。
自分の信用情報は開示請求することで確認することが出来ますので、不安な方は一度確認してみると良いでしょう。

最後に自己破産や任意整理、債務整理を行なうなどブラックな状態ではないことです。
借金を返せずに自己破産や債務整理など法的手続きで借金を整理される方は毎年沢山いらっしゃいます。

金融機関は儲けを失うわけですから大損失といえます。
そのような方に貸付してしまえば同じように損失を被るかもしれないと判断しますので、貸し付けはしません。

多重債務者やブラックの方は間違いなく審査には通りませんので覚えておきましょう。
中にはブラックでも貸付している審査の甘い業者もありますが、間違いなくヤミ金ですので絶対に手を出さないことです。

収入が安定しているだけではダメ、債務遅滞やブラックでないだけでもダメです。
安定収入があり信用情報に問題がない、これが銀行系カードローンの審査に通るポイントと言えます。

銀行系カードローンの場合、在籍確認で注意

審査で心配なのはその基準だけでなく借金バレしないかどうかも考えられます。
会社の同僚などに自分が借金していることがバレたらどうしようと不安になる方も多いかもしれませんね。

カードローンの審査では在籍確認のために勤務先に電話をします。
電話にて申し込み者がその会社に本当に勤務しているのかを確かめます。

電話では基本的に行名を名乗りますがカードローンのことについては一切口外しませんので安心してください。
銀行からの電話=借金しているとは結ぶ付きませんから銀行カードローンの場合は行名は基本的に伏せません。

但し希望があれば担当者の個人名を名のるといった対応もしてくれますので、どうしても行名を名乗られるのが嫌な方は事前に伝えると良いでしょう。

 
Jscore

SoftBankとみずほ銀行の

AIによるキャッシング!

最短で即日融資もOK!

↓ ↓ ↓ ↓

公式サイトはコチラ