カードローンに申し込むと考えた時、銀行にしようか消費者金融にしようか迷うという方は意外と多いのではないでしょうか?

既に利用している方なら話は別ですが、初めてカードローンを利用する方からすれば何がどう違うのか分からないかと思います。

そこで今回は銀行カードローンと消費者金融の違いについて解説していきたいと思います。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で解説しますので自分に合う方を選んでくださいね。

銀行カードローンのメリット・デメリットは?

銀行カードローンを利用するメリットとしてはやはり金利の低さがあります。

金利は基本的に利用限度額が高くなるほど下りますが、銀行カードローンの場合は利用限度額が低くても上限金利は15%程度に抑えられていることが多く、消費者金融よりもお得な金利で借りる事が出来ます。

消費者金融の場合利用限度額が200万円になっても金利は年15%になる可能性がありますが、銀行カードローンなら利用限度額200万円で金利が年10%以下になる可能性もあります。

その他に銀行カードローンでお金を借りるメリットとしては総量規制の影響を受けないことです。

送料席とは消費者金融に課せられた法律のことで、個人が借り入れできる金額の上限は年収の3分の1までというものです。

ですから年収が300万円の方であれば上限は100万円となります。

ですが銀行カードローンは総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1を超える借入も可能です。

上記の例で言えば年収300万円の人は消費者金融からは100万円までとなりますが、銀行カードローンならそれ以上借りることが出来るというわけです。

まとまった資金が必要、年収の3分の1位以上の借り入れを考えている方は銀行カードローンがお勧めということになります。

合わせて銀行カードローンは利用限度額が大きいこともメリットです。

銀行の中には最高1000万円まで貸付可能なところもある程です。

流石にここまでの金額を借りるという人は中々いないでしょうし、そう簡単に借りれる金額ではないです。

ただ大きな金額を借りるのであれば消費者金融よりも断然銀行といえるのではないでしょうか?

では逆にどんなデメリットがあるのでしょうか?

銀行カードローンのデメリットは審査時間が長いこと、そして審査基準が厳しいことにあります。

消費者金融なら最短30分で審査結果が分かるところも多いですが、銀行は基本的に2,3営業日かかります。

最近は即日対応の銀行カードローンも多くなりましたが、対応の速さという点ではまだまだ消費者金融には敵いません。

好条件で借りれる銀行カードローンは非常に魅力的といえますが、その分利用に対するハードルが高いです。

低金利にすればそれだけリスクは高くなりますので銀行としてもある程度ターゲットを絞る必要があるのです。

名目上アルバイトやパートでも申し込みは可能としていますが、正社員でないと審査に通るのは正直いって難しいでしょう。

消費者金融のメリット・デメリットは?

消費者金融のメリットは申し込みから借り入れまでが非常に早いことです。

中でも大手の消費者金融なら審査は最短30分、1時間もあれば融資までこぎつけるところもある程です。

とにかく対応がスピーディーですから急にお金が必要になった直ぐにでもお金を借りたいという時には消費者金融は非常に頼もしいといえます。

次に審査が柔軟であることです。

審査が極甘というわけではありませんが、消費者金融の場合は出来る限り多くの人に借りてもらおうと言うスタンスで間口が広いです。

その為金利は多少高いですがすぐにお金を借りたいという人にとっては便利なサービスと言えるでしょう。

銀行カードローンだと正社員以外の利用は難しいですが、消費者金融ならパート・アルバイト・学生でも利用できる可能性が高いです。

利便性が高いのも消費者金融のメリットです。

申し込みはスマホや携帯電話から気軽に行なうことが出来、完全来店不要で即日融資を受けることが出来ます。

自動契約機を利用すればその日のうちにローンカードを受け取ることも出来ます。

更に最近では無利息キャンペーンを実施している業者も多く、一定期間利息無しでお金を借りる事が出来たりもします。

逆にデメリットは高金利であること、返済が長期化する可能性があること、元金が中々減らない、他のローンに影響する可能性があることなどが挙げられます。

消費者金融は銀行に比べ審査に通りやすいのと無担保無保証人ということもあり金利が高く設定されています。

無利息キャンペーンを利用すれば一時的に利息を抑えることは出来ても長期的には金利でかなり損しているといえます。

金利が高いということは利息額がその分多くなるということになりますので、元金が中々減らず返済が長期化する恐れがあります。

実際に消費者金融を利用されている方の中には完済したことがないという人がたくさんいます。

銀行カードローンと消費者金融はどの辺が違う?

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは総量規制ではないでしょうか?

個人の借り入れ可能な金額を制限されるか制限されないかは利用者にとってかなり大きいです。

まとまった資金が必要という場合は銀行カードローンを利用するほうが良いです。

銀行と消費者金融では金利の上限も違います。

銀行は上限15%なのに対し消費者金融は18%が殆どです。

カードローンの金利は限度額によって決まりますが、消費者金融の場合は総量規制の関係もあり初回の限度額は少額で設定されることがほとんどです。

ですから始めの金利は年18%が適用されるケースが多いです。

対応の速さも異なります。

消費者金融の1番のメリットとも言えるのが審査スピードが早いことです。

銀行は保証会社に審査を委託することが多いので審査にどうしても時間がかかります。

消費者金融ならその日のうちに審査を終え融資を実行してくれる可能性が非常に高いです。

前もってお金を借りる必要が有ることが分かっていて低金利で計画的にお金を借りたいという方は銀行カードローンを。

急ぎでお金が必要、予想もしていなかった急な出費でお金を借りたいという人は消費者金融を選ぶと良いでしょう。

 
Jscore

SoftBankとみずほ銀行の

AIによるキャッシング!

最短で即日融資もOK!

↓ ↓ ↓ ↓

公式サイトはコチラ