風俗嬢やデリヘル、ソープなどいわゆる水商売系の仕事は高収入が臨める仕事ということで若い女性を中心に人気の高い職業です。
ただ基本歩合制となりますので、収入に波が出やすく時にはカードローンやキャッシングでお金を借りる必要がある場合もあります。
そこで今回は風俗嬢がキャッシングする方法について解説していきたいと思います。

水商売の風俗嬢は収入が安定していることが重要

カードローンを利用するには返済能力があることが条件となります。
返済を前提としているわけですから当然のことと言えます。
職業や雇用形態の制限は基本ありませんので、風俗勤務など夜の仕事をされている方も問題なくキャッシング可能です。
水商売はローンを組むのが難しいという話を耳にしたことがあるという方も多いかもしれません。
これは職業柄ではなく収入が安定しにくいという理由が非常に大きいいです。
会社員であれば毎月の給料はある程度同じですから安定的といえますが、水商売は月によって金額に差がでることも決して珍しくありません。
その為、審査に通るのが難しいと言われているのです、
ですが逆に言えば収入が安定していることを証明できれば借りれるチャンスはあるということです。
毎月一定金額をきちんともらえているのであれば申し込みを検討してみると良いでしょう。
但し、クレジットヒストリーに問題がある場合はいくら収入が安定していてもそれだけで審査落ちになる可能性が高くなりますので気をつけましょう。
ローンやクレジットカードなど後払いサービスを利用していて、一度でも返済期日を守れなかったことがあるという場合は審査通過はほぼ不可能となります。
スマホの割賦払いや携帯電話代も対象となりますので、支払いをキチンと出来ているか申し込み前に確認してみてください。

風俗嬢は在籍確認は源氏名でも可能かを必ず相談

風俗嬢など水商売をされている方の殆どは源氏名でお店には通しているかと思います。
その為、お店の従業員は本名を知らないケースが殆どです。
カードローンの審査では申し込み者が申告した通りの会社に勤務しているかを必ず電話で確認を取ります。
在籍確認までたどり着けば融資はほぼ確定と思って間違いありませんが、逆にこの在籍確認をクリアできなければ融資を受けることは出来ないということでもありますので絶対にクリアしなければいけません。
上述した通り確認は電話にて行なわれます。
基本的に申込者の本名で確認を取りますので、電話に出た従業員が申込者の本名を知らなければ在籍確認をクリアできず審査落ちとなります。
カードローン会社によっては源氏名で確認してくれるところもありますので、どうしても本名を知られたくないというのであれば源氏名で在籍確認できないか一度相談してみることをオススメします。
大手消費者金融であればその辺りは柔軟に対応してくれますので、水商売の方は大手消費者金融に絞って申し込みすると良いかもしれません。

アリバイ偽造会社は絶対に利用しないこと

風俗嬢など水商売をされている方は自分の職業を知られたくないと思う方も多く、勤務先を偽造して申込みされる方も少なくありません。
アリバイ偽造会社と言って、偽物の給与明細を発行したり在籍確認の応対を行なうサービスを提供している会社があり、特に水商売の方の利用が多いです。
実際にこのような偽造会社を利用して審査に通ったことがある方もいらっしゃいますが、これは犯罪行為にあたりますので絶対に止めましょう。
後から発覚すればカードの利用停止はもちろんですが、最悪の場合警察のお世話になる恐れもありますので利用しないことです。

 
Jscore

SoftBankとみずほ銀行の

AIによるキャッシング!

最短で即日融資もOK!

↓ ↓ ↓ ↓

公式サイトはコチラ