個人事業主でお金が必要

自分で事業を経営する人のことを個人事業主といいます。

羽振りの良いイメージがありましたが、そもれ景気のいい時代の時の話で、いまは会社員に比べると経済的に不安定な方が多いようです。

その為、資金繰りが困りカードローンのキャッシングを検討される方も多いようです。

会社員よりもお金が必要になるケースが多くなりますから、カードローンを備えておくのも良いかと思います。

自営の個人事業主は審査時に収入証明が必ず必要!

個人事業主だからといって一般の方と異なる審査になるわけではありません。

自営業や個人事業主向けのカードローンですと手続きや必要書類は違いますが、一般のかたが利用するカードローンはやや手間がかかるぐらいで審査に通らないわということはありません。

一般の方と異なる点といえば、借入希望額に関わらず収入証明書が必ず必要になるということぐらいでしょう。

自身の収入を証明する書類を収入証明書と言います。

通常、金融機関から融資を受ける際、予め決められた金額以上の申し込みをした場合に限り収入証明書を提出しなければいけません。

これは法律によって定められており、消費者金融なら1社からの借入額が50万円以上もしくは他社借入額を合算して100万円を超える場合に収入証明書の提出が必須となります。

銀行の場合はそれぞれ独自に提出条件を決めていますので、収入証明書が必要となる金額は異なります。
給与所得者の方の場合、一定額を超えない借入の場合は基本的に収入証明書の提出はありません。

と言うのも、会社に勤務しているということは収入がある事を証明できているからです。

一方で個人事業主の場合、仕事の実態を把握するのが難しいです。

大きな事業所でもあれば良いですが、自宅などで小規模な事業所で事業を行っているとなると収入がほんとうにあるのかどうかは分かりません。

ですから収入を証明できる書類を提出できないことには審査に通るのはまず無理でしょう。

お金が必要な個人事業主は審査が厳しい?

個人事業主は安定して給与を貰える会社員に比べいつ収入が途絶えるかが分かりません。

銀行や消費者金融は債権回収が難しい相手に貸付することはリスクが大きくなるといえます。

だからと言って個人事業主は絶対に審査が厳しいというわけではありません。

極端なことを言ってしまえばカードローンの利用条件は収入が安定していること、これに尽きるわけですから、個人事業主でも収入が安定していればお金を借りる事は十分に可能なのです。

安定的に収入を得ており、利益もきちんとある、そしてそれを証明できる書類を一緒に申告すれば金融機関も公平に審査してくれます。

どうしても会社員に比べると安定性は劣るように思えるため不安になるかもしれません。

しかし必須条件である収入面を満たしているだけでもカードローンの審査に確率はグッと高くなります。

事業資金が必要なら総量規制対象外のビジネスローン

個人事業主がまとまった資金を必要とする場合は、個人向けの小口融資ではなくビジネスローンを利用することをオススメします。

何故ならビジネスローンなら低金利で高額借入が可能だからです。

個人向けの小口融資は総量規制の対処となるので年収の3分の1までしか借りることが出来ません。

しかしビジネスローンなら総量規制の対象外ですので年収の3分の1を超えた借入も可能ですので、ある程度まとまった資金を調達することが出来ます。

銀行や消費者金融のビジネスローンの場合、個人向け融資よりも用意する書類が多くなりますので手続きはやや面倒ではあります。

ただ個人向け融資よりも遥かに低い金利で借り入れできるのは非常に魅力的といえます。

ビジネスをする上で余計な支出は抑えたいところでしょうから、融資を受けるなら出来るだけ金利が低いほうが良いです。

大手消費者金融なら生活費など事業資金意外にも利用可能な使い勝手の良いビジネスローンも取り扱っています。

安易に個人向け融資を選ばずビジネスローンも選択肢の1つに入れてみてはどうでしょうか?

アコム

↓ ↓ ↓ ↓

⇒公式サイトはコチラ

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 
プロミス

↓ ↓ ↓ ↓

⇒公式サイトはコチラ

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要