病気や交通事故はいつ遭うか分からないもの。
予想もしていなかった急な入院の時でも費用の事で心配しなくて良いようにある程度の準備はしておきたいもの。
手術や入院するのにいくらぐらいの費用がかかるのかは誰もが一度は気にする部分ではないでしょうか?
費用が高額で払えないと言う場合はどうすれば良いのでしょうか?
今回は入院費用や治療費の相場についてと万が一払えないという場合の対処方法について解説していきたいと思います。

入院費用や治療費っていくらぐらいかかるの?

生命保険文化センターの調査によれば入院時にかかる費用は平均して22万円前後と言う事が分かっています。
あくまでも平均ですからこれよりも低い場合もあれば逆に高くなることだってあります。
いずれにしても平均で22万円前後は決して安い金額ではありません。
一括で支払える蓄えがあればよいですが、払えないという方だっていらっしゃるのではないでしょうか?

一口に入院と言っても治療費や差額ベッド代、食事代、その他雑費など入院するにも様々な費用がかかってきます。
国民皆保険制度のおかげで全額自己負担は免れることが出来ますが、それでも入院費用は高額となることは理解していただけるのではないでしょうか?

また入院中は当然仕事ができませんから自営業の方ですとその間は収入が入ってこない場合だって考えられますから大きな痛手になるのは間違いありません。

入院費用屋病院代って払えないとどうなるの?

病院代や治療費が払えないとどうなるの?と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
悪徳業者のように強面のお兄さんが脅迫まがいの取り立てに来るなんてことになってしまうのでしょうか?

病院代や治療費は高額なため、一括で払えないという方は少なくありません。
実は病院側としても未払い問題に頭を悩ませており、患者が無理なく支払えるようにと分割払いに応じるようにしているのです。
大抵の病院は支払いの相談に応じてくれますので、特に不安になる必要はありません。
場合によっては一定期間支払いが有用になるケースもあるなどその人の状況に応じた支払い方法に応じてくれることが多いです。

相談の上で分割払いで支払っていくと決まったにもかかわらずこれに応じなかった場合は病院側から催促の連絡が行くことになりますので、支払いはきっちりと行いましょう。
長期間支払いが滞っていると直接訪問されたり最悪の場合、法的手段を取る事もありますので十分に注意しましょう。

入院費用をカードローンで支払う方法もある

カードローンやキャッシングは使いみち自由ですから入院費用に使うことも出来ます。
継続的な安定収入があり信用情報に傷が付いていないのであればカードローンでお金を借りることも十分に可能です。
カードローンなどの借金はネガティブなイメージを持たれる方もいらっしゃいますが、正規の金融業者を利用すれば特に危険なこともありません。

審査に通るためには、充分な返済能力と信用力を有していることが必要となります。
収入がない月があったり月ごとに波があったりなど収入が不安定ですと融資を受けることは出来ません。
また収入が安定的でもローンやクレジットカードの支払いを遅滞している場合も審査には通りませんので注意しましょう。

 
Jscore

SoftBankとみずほ銀行の

AIによるキャッシング!

最短で即日融資もOK!

↓ ↓ ↓ ↓

公式サイトはコチラ