お金の貸し借りはトラブルになりやすいとよく言われていますがこれは決して大げさなことではありません。

実際にお金の貸し借りが原因で家族間や友人間の関係が悪くなったという人は沢山います。

例え信頼しあう者同士であっても油断は禁物です。

そうしたトラブルを未然に防ぐためにも借用書は必ず作っておきたいもの。

とは言え、普通であれば借用書を作る機会なんてありませんからいざ作ろうと思ってもどうすれば良いのか分かりませんよね。

そこで今回は個人間でお金を貸し借りを行なう際の借用書の書き方について解説していきたいと思います。

お金を借りる際の「借用書」とは?

そもそも借用書とはどんなものなのでしょうか?

借用書とは借り主と貸主の間にお金の貸し借りがあったことを証明する書面です。

実は借用書自体に法的効力はありません。

ただ口約束ですとどうしても記憶の食い違いが出てきますから、それを防ぐために借用書というものがあります。

万が一トラブルになって裁判となった場合、借用書があれば有力な証拠にもなります。

借用書には2種類あり、借用書と金銭消費貸借契約書です。

借り主のみが署名して貸主が保管するものを借用書、双方が署名し保管するのを金銭消費貸借契約書となります。

借用書は作成が簡単な上に、収入印紙代が1通分で済むというメリットが有ります。

一方でデメリットは借り主が作成するため貸主にとって不利な条件になる可能性があること、貸主が書類を紛失してしまう恐れがあるが挙げられます。

金銭消費貸借契約書は2通作成するので片方が紛失しても影響が少ない、互いに納得した内容で作成できるというメリットが有ります。

一方でデメリットは互いに納得した上でないと作成できないので手間がかかる、2通分の収入印紙が必要となることが挙げられます。

効果はどちらも同じですが、トラブルを防ぐことを目的としているのであれば金銭消費貸借契約を作成するほうが良いでしょう。

借用書に最低限必要な項目は?

最低減の目的で借用書を作成するのであれば「契約書の作成日付」「借主の氏名・住所・押印」「貸主の氏名・住所・押印」「金額」「お金を渡した日付」「返済方法・返済期日」を記載しましょう。

作成日付は年月日がハッキリと分かるように記載します。

西暦と和暦はどちらでも問題ありませんが、共通の表記としなければいけません。

氏名・住所・押印は個人を特定するのに非常に重要となります。

必ずお互いの氏名と住所を本人確認書類などで確認してから記載しましょう。

氏名は直筆サインのほうが自分の意志で契約したと証明できますので、出来れば直筆が望ましいです。

その場合、押印は基本的には不要ですが、一般的には署名と押印はセットと考えたほうが良いです。

印鑑は三文判でも構いませんが、信頼度は実印のほうがはるかに高いですし、可能であれば印鑑証明もあったほうが良いです。

直筆以外の方法で記名する場合は実印でないといけませんので注意してください。

金銭消費貸借契約は実際にお金を受け渡したことで成立となりますので、お金を渡した日付は非常に重要となります。

手渡しではなく口座振り込みなど記録が残る方法でお金を受け渡すようにしましょう。

返済方法・返済期日もトラブルを防ぐためにもしっかりと決めておく必要があります。

基本的には借り主が返済時の費用や手数料を負担することとなりますのでそのつもりで。

原則として利息は必要ありませんが当事者間の話し合いで利息を設定することは可能です。

互いに納得にいく利率で設定するようにしましょう。

借用書を書く時の注意点は?

借用書を作成する上で気をつけなければいけないことがいくつかあります。

まず借用書はパソコンやワープロで作成OKですが、感熱紙ではなく普通紙で印刷してください。

感熱紙は文字が消えてしまう恐れがありますので証拠として残らないかもしれません。

また証拠として残らない恐れがあると同じ理由で鉛筆書きや消えるボールペンの使用もNGです。

意図せず訂正される恐れがありますのでステインは押さないでおきましょう。

もし誤字や脱字がある場合は改めて契約書を作成するようにしましょう。

 
Jscore

SoftBankとみずほ銀行の

AIによるキャッシング!

最短で即日融資もOK!

↓ ↓ ↓ ↓

公式サイトはコチラ