消費者金融で在籍確認なし

カードローンでキャシングするには審査に通らなければいけません。
これはどの金融機関でも同じことが言えますし、極々当たり前の事ですよね。
審査と聞くと不安になるという方はやはり多いようです。
どのように審査されるのか分からないわけですから仕方ないことです。
しかし中には審査それ事態よりも審査の中で行なわれる在籍確認が不安という方もいらっしゃいます。

在籍確認とは?必要あるの?

在籍確認とは申し込み者が申告した会社に本当に勤務しているのかを確認することです。
お金を貸すからにはきちんと利息を付けて返してもらわないと困りますから、その為には申し込み者に収入がないといけません。
申告された内容を信じて融資をしてしまい、本当は働いていなくて収入もないとなれば金融機関は大損となります。
そうならないためにも、きちんと勤務先に連絡をとって確認をするのです。
無職なのに働いているとウソを付く方も多いですから、どの金融機関でも必ず在籍確認は行ないます。

在籍確認は基本的に電話連絡で行ない、これを嫌がるという人が意外と多いのです。
と言うのも、消費者金融から電話が来てしまうと自分が借金している事が職場の人にバレると思っているからです。
銀行なら住宅ローンやマイカーローンなど様々なローン商品がありますし、多くの方が極当たり前のように利用していますので何とも思いませんが、消費者金融からとなると話は別です。
未だに消費者金融に対するイメージはネガティブなものが強いですから、出来ることなら周りの人には知られたくないものです。
その為、在籍確認なしでお金を借りれる消費者金融を探す方も多いです。

しかし在籍確認は申し込み者の返済能力を知る上で重要となるものです。
それを省略して貸し付けてくれる消費者金融なんてあるのでしょうか?

在籍確認なしでキャッシングは出来ない?

結論から言いますと在籍確認なしで貸付してくれる消費者金融はありません。
これは銀行カードローンでも同じことがいえます。
申し込み者が本当に働いているのかを知るためには、直接勤務先に連絡を取るしかないからです。

在籍確認の電話の内容は?

在籍確認を嫌がるのは、職場の人達に自分が借金していることがバレるのが嫌だからです。
しかし法律によって第三者に借金している事実を知らせてはいけないとされています。
だとすれば、電話によって申し込み者が借金していることを教えてしまうような行為は法律違反にあたります。
在籍確認の電話によって職場の人達に本当にバレてしまうのでしょうか?

これに対する答えはNOです。
消費者金融にかぎらず全ての金融機関は第三者に借金の事実を知られないよう配慮して電話してくれるからです。
もちろんどんなに配慮しても、感の良い方やカードローン利用経験者が電話に出ればバレル可能性は無きにしもあらずです。
しかし基本的にはバレないと思ってよいです

在籍確認の電話の内容は以下のとおりです。

ローン担当者「もしもし、私伊藤と申しますが、本日田中様はいらっしゃいますでしょうか?」
職場の人「田中は只今、席を外しています」
ローン担当者「そうですか。では又後でかけ直します」

在籍確認は基本的にこれで終わりとなり、本人が電話にでる必要はありません。
電話の内容を見ていただければお分かりのように、申し込み者である田中さんが勤務先に在籍していることの確認が取れています。
要件を本人以外に伝えることはしません。
また消費者金融の場合、会社名は絶対に名乗りませんので借金バレの可能性はほぼ無いと思ってよいでしょう。
因みに銀行の場合は希望がない限りは行名を名乗ります。
銀行には様々な融資商品を扱っていますし、預金など他にも金融商品があるので単順に借金とは判断されにくいからです。

在籍確認の電話なしでお金を借りる方法はあるの?

在籍確認の電話で借金バレする可能性はほぼありません。
しかしそうは言ってもどうしても電話してほしくない、また自分宛てに電話が来ることはない、個人名だと応対してくれないといったケースもあります。
このような場合は、その会社に在籍していることを証明できる書類の提出で対応してくれるか相談してみると良いでしょう。

実は一部の消費者金融では書類の提出でも在籍確認をしてくれるところがあります。
今のところは大手のみとなりますが、給与明細や社員証、会社発行の健康保険証が用意できれば在籍確認OKなようです。
もちろん確認が取れれば会社に電話は来ないので安心してくださいね。
どうしても在籍確認の電話を避けたいという方はこの方法を使うと良いでしょう。

アコム

↓ ↓ ↓ ↓

⇒公式サイトはコチラ

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 
プロミス

↓ ↓ ↓ ↓

⇒公式サイトはコチラ

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要